ヤングコーン採れました!

今年もヤングコーンが採れる季節がやってきました!

 

トウモロコシは1株に1果を成長させるため、成長する前に若採りしたものがヤングコーンでベビーコーンとも呼ばれます。

 

コーンは収穫後も呼吸をしているため、数時間で糖分が半減し、甘味が落ちてしまいます。そのため、ヤングコーンは水煮のビン詰めや缶詰が出回ることが多く、生のヤングコーンはなかなか出会えません。

 

今朝は、収穫から2日経ったヤングコーンを食べてみましたが、甘味が落ちるなんてとんでもない!甘味は充分あって朝から家族で争奪戦になりました(笑)

 

フライパンで1分炒めて、最後に醤油を焦がしつけるようにし、やわらかいミニ焼きトウモロコシ風で食べました。

なんて楽チンな調理~。

 

そして、ヤングコーンのひげは漢方薬でも使用されることがあり、利尿作用でむくみ防止にも役立つそうなんです。

今朝は、朝の味噌汁に入れました。

 

おひげ、栄養ありますから捨てずに食べてくださいね。

生でサラダにトッピングしても、刺身のつまにしても良いですよ(*´∀`*)

2016年07月05日